忍者ブログ
撃ち抜けないのは、美女の心と物事の急所だけさ。

※この記事は、2010年09月27日にmixiで投稿したものを転載したものです。


26日をもって全公演終了!

という訳で、先日参加したリアル脱出ゲーム「夜の遊園地からの脱出」
ネタバレポート第一弾です!
(※ネタバレしたくない人は見ちゃ駄目!)


第一章 「開場、そして開演」


公演当日、待ちに待ったこの日の天気はあいにくの雨模様。

駅から遊園地までのゴンドラが雨のため運転を中止しているとの情報を受け、
電車の遅延も考慮して少し早めの17時過ぎに遊園地前に到着。

ちょっと早すぎたかもとは思いつつ周囲を見回すと、
既に入場門前には開場を待つ多くの出場者たち。

これから彼らと共に熾烈なる謎解きゲームに参加するのだと思うと、
徐々にテンションが上がっていくのが感じられます。

待つこと1時間、18時30分にいよいよ開場!
入園と同時に一通の封筒と、雨対策のクリアファイルを手渡され、
秋雨の降る夜の遊園地に足を踏み入れます。

出場者は、まずはスタート地点となる【オープンシアターEAST】に集合、
19時から黒服の司会者から注意事項やルールの確認などが行われました。

・・・怪しすぎ(笑)
で、今回のルールは以下の通り。

───────────────────────────────────

・目的は、閉じ込められた夜の遊園地から脱出すること。

・制限時間は90分。

・遊園地内に散りばめられた複数の謎を解き明かすと、
 あるアイテムを手に入れることができる。

・ゲーム開始から60分が経過してなお、
 とあるアイテムを手に入れていない出場者は【太陽の広場】に集合。
 そこで謎解きのヒントを与える。

・柵の中や芝生の中にヒントは隠されておらず、また
 遊園地内のモノを動かしたり触れたりしなくても大丈夫。とにかく歩け。

・雨で滑りやすくなっているので、転んだら死亡
 (※この日だけの限定ルール)。

───────────────────────────────────

なるほど、とりあえずは遊園地内のヒントをかき集めてアイテムを手に入れ、
次にそのアイテムをもとにさらなる謎に挑戦する感じだな。

なんとなく流れが見えてきました。
そして、一通りの説明が終わるとゲーム開始の合図!!

さあ、「夜の遊園地からの脱出」、とうとうゲームスタートです!

 

第二章 「ヒントとの戦い」


いよいよゲームスタートです!
まずは入園ゲートで手渡された封筒の中身の確認から!

封筒の中身は以下の通り。

問題用紙よみうりランドGUIDE MAPメモ用紙筆記具

最初に謎解きの中心になりそうな問題用紙に目を通します。

1.白い谷。奥の奥。
2.二つ合わすとヒューストン。
3.巨大なランドドッグのお尻の先。
4.ぐるぐるまわる。ただひとつの光。
5.40分後にステージへ。
6.over140。その下。
7.石の家の前にピエロがいる。
8.季節外れののぼり。トンネルをくぐると。


次に園内MAP。


さて・・・とりあえず上から解いていこうか。
まずは1だ。

1.白い谷。奥の奥。

・・・白い谷?アトラクションの【ホワイトキャニオン】のことか?
その奥の奥ってことは、施設の裏の方にまわるってことかな。

次に2。

2.二つ合わすとヒューストン。

・・・二つ合わすとヒューストン・・・?たぶんこれもアトラクション、
【クレイジーヒュー】と【クレイジーストン】のことに違いない。

ということは、それ以外の内容もたぶんアトラクションの場所を示す謎。
なるほど、園内を散策するって意味が分かってきたぞ!

それなら、次から次へと謎解きの場所から場所へ移動するよりは、
まずは一通り目処を付けてから園内を散策した方が効率よさそうだ。

最初の謎を見て、次々と【ホワイトキャニオン】に移動する他の出場者に
少なからず焦る気持ちもありましたが、
私(と嫁)は屋根のある【太陽の広場】で一通りの謎を解いていくことに。

今思えば、この判断が正解。

出場者1,000名の半分以上が【ホワイトキャニオン】に向かってるので、
移動に時間がかかったうえ、謎解きのヒント周辺は大混雑していたようです。

・・・ザクとは違うのだよ、ザクとは!!(※頭脳的な意味で)


とにもかくにも、まずは謎解き!
1と2については上記の通り、次は3からです。

3.巨大なランドドッグのお尻の先。

ランドドッグ・・・ホットドッグ売場みたいのがあるのだろうか?
そう考えて園内MAPのフードメニューを見渡してもそれらしき売場は無し。

ならランドドッグって…?
ランドドッグ・・・・・・ドッグ・・・・・・犬・・・?

・・・あ、よみうりランドのマスコットキャラクターって犬じゃなかったけ!?

そういえば入口近くに巨大な犬の像が立っていたような…
よし、とりま3については【ランドドッグ】の像と場所へ行ってみるか。


つづいて4。

4.ぐるぐるまわる。ただひとつの光。

ぐるぐるまわるといえば・・・

そういえば、メリーゴーランドの照明がついててやけに明るかったような。
他のアトラクションの照明はほとんどついていないし、
これはたぶん【メリーゴーランドドッグ】のことだな!


よし、どんどんいこう5!

5.40分後にステージへ。

う~ん、ステージといえば、今いる【太陽の広場】か、
スタート地点になった【オープンシアターEAST】のことだろうな。

でも、【太陽の広場】は60分後にヒントを出す場所だと指定されてるから、
そこをわざわざ指定するなんてことあるだろうか・・・?

よし、ならこれはスタート地点の【オープンシアターEAST】に
40分後に戻るという意味と考えて、後で戻ってこよう。

 

・・・と、こんな感じで次々と謎を解いていき、さっそく移動!
(※残り6~8の解答は後編で。よかったら考えてみてくださいませ♪)

 

まずは【太陽の広場】から近い8の場所から周り、
その場所で最初のヒントをゲット!


その次は3、【ランドドッグ】のお尻の先に、気になる掲示板。
その指示に従って移動すると・・・

順調、順調♪


そのまま私は4にあった【メリーゴーランドドッグ】の散策を・・・って、あれ?
周辺に何も無い・・・ヒントらしきものがどこにもないぞぉぉぉぉ!?

どういうことだ!?
もしかしたら謎を解き違えたのかもしれない。

4.ぐるぐるまわる。ただひとつの光。

初めてのミスに少し焦りながら、
改めて問題文と案内MAPを見直します。

ぐるぐるまわる・・・?
【メリーゴーランドドッグ】じゃないとすれば、回転プールとかか?

でも【プールWAI】は9/21で営業を終了したって書いてあるし、
それ以外に回るもの・・・回るもの・・・

あ・・・観覧車・・・?

ふと思いつき、その場で【大観覧車】のある方向を見ると…

おおおおおおおおお!?
ひとつだけ光ってやがる!!これだ間違いない!!!!

急いで【大観覧車】の乗り場へ移動すると、
ひとつだけ光っている観覧車内の中にヒントを発見!!

やべえ、遊園地ならではのヒントにちょっと興奮した(笑)

 

こんな感じで、1、5、6の場所でもヒントを手に入れます。



 

 

よし、どんどん行くぜ!次の目的地はヒューストン!!

・・・と、勢い勇んで進む私たちでしたが、
ヒューストンの乗り場へ続く坂道に、何故だか人だかりができています。

なんだ・・・?

よく見ると、ヒューストンの入り口付近にゲートが設置されており、
出場者たちが足止めされているようです。

その前のゲートらしき場所には赤いジャケットを着たスタッフが2人。
彼らのせいで、ヒューストンには近づけないみたい。

・・・?

何かアクシンデントかな・・・と思ったそのとき、
1組のチームがそのゲートを通過。

あれ・・・?

それを見た別のチームがゲートを通過しようとすると、
今度はスタッフに止められ、引き返していました。

・・・どういうことだ?


(しばらく考える)


・・・あ!もしかすると、通過するためには何かが必要ってことか!?

今まで手に入れたヒントから何かが分かるかも知れない。
急いで問題用紙を見直します。

 

・・・

 

問題用紙の右側のマス・・・もしかして、今まで手に入れたのヒントの形を、
テトリスみたいに当てはめていくんじゃないか!?

今まで手に入れたヒントの形を急いで確認して・・・

 


よし!はまった!

何となく文章っぽい感じになったぞ。

 

・・・あっ、左上から右下へ読めば・・・!

「あかのつなぎにべろをだせ くろのつなぎにぴーすしろ」


赤のツナギ!!ヒューストンのところにいた
赤いジャケットを着たスタッフ!!!

下の方の数字の意味は分からなかったものの、とりあえずは
再びヒューストン入口付近へ急いで戻り、
赤いジャケットを着たスタッフのもとへ。

通れないとざわつく周囲の出場者に見えないよう、
そっとスタッフに舌を出すと・・・


「どうぞ、お通り下さい」


おおおお!通れたぁぁぁぁ!!

これぞ謎解きの醍醐味!!超気持ちいい!!!

 

時刻は20時を少し回ったところ。
いつのまにかゲーム開始から50分近くも経過しています。

でもゲートの謎は解けたし、たぶんなかなかのペースで進んでるはず!!
私たちは、意気揚々とヒューストンの乗り場へ向かったのでした。


→後篇へ続く!

PR
PR

カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール

HN:桶屋が儲かる

都内在住、30代バツイチ♂
多感な青春時代に
伊集院光を聞き育つ。

撃ち抜けないのは美女の心と物事の急所だけさ。
カウンター
ブログ内検索
ランキング
>

バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]