忍者ブログ
撃ち抜けないのは、美女の心と物事の急所だけさ。

8月の第1週、8月3日(金)~4日(土)の日程で
富士山に登りたい。

目的は登頂。
山頂での御来光は必須要件じゃない。

もちろん見たくないかって言ったら嘘になるけど、
それよりも混雑してペースが崩れることの方が心配。

また、一緒に行こうって人数がかなり多いから、
なるべくなら人の少ない時間帯を選びたいってのが本音かな。


以下調べたもの。


▼登山ルートの選択
http://www.greenlife.co.jp/item/sp-fujisan/sp-fujisan-route.html
http://www.fujiyama-navi.jp/fujitozan/html/route/route.html

第一候補はやっぱり吉田口になると思う。初心者だし。山怖いし。
でも途中の混雑なんかを考えると須走口も捨てがたい。

吉田口の駐車場キャパは約290台、
須走口は約150台みたい。

どちらも夜間は絶対止められないと思った方が良さそう。

▼富士山有料道路の混雑予想
http://tollgate.on.arena.ne.jp/oshirase/H24juutaiyosou2.htm

▼富士山の駐車場問題
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/fuji-parking.html


昼の早い時間帯に移動して、身体を慣らしつつ、
タイミングを見て登山開始ってのが現実的だと思った。

それに、どちらもマイカー規制が入ってるね。
マイクロバス(11人乗り以上)は規制対象外のようだ。

▼富士吉田口のマイカー規制
http://subaruline.jp/eigyou/my_car.html

8月4日(土)0時 ~ 8月15日(水)24時。
前日だから数時間待ちは覚悟した方がよさそう。


▼須走口のマイカー規制
http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-210/fujisan/index.html

7月27日(金)17時 ~ 8月19日(日)17時。
こちらは完全にアウト。須走口ならシャトルバス必須だね。


そう考えると、もし自家用車で移動するなら
御殿場口って選択肢もある。

距離が長く時間もかかるけど(だから敬遠されがちみたい)、
駐車場キャパが500台、マイカー規制無しは魅力。

登山ルートがちょっと複雑なのがネック。

▼御殿場口
http://www.fujiyama-navi.jp/fujitozan/html/route/gotemba_trail.html


でもまぁ、現実的にはマイクロバスのレンタルって線がいいのかな。
帰りがけに宴会できるってのは凄く魅力的。

時間的にも制約がないし、気が楽だ。

着替えとか登山に持っていかない荷物は、往復マイクロバスならそこに。

高速バスとシャトルバスで移動するなら五合目で預けるのは諦めて、
麓で預けて、五合目にはリュックだけ背負って移動って手が現実的かも。

荷物用にレンタカーを借りるって手も考えたけど、防犯上の理由と
駐車場事情を鑑みると車での乗り入れは難しそうだ。

高速バスで移動するなら、無理に都心に集合にせず
各地(横浜、新宿)あたりでバラケて、五合目集合でもいいかも。

このタイミングだと皆まとめてのチケット確保は難しいし。

▼富士急行の高速バス案内
http://bus.fujikyu.co.jp/highw/index.html


▼日帰り温泉
砂埃で真黒になるだろうから、疲れた身体をゆっくり癒そうぜ!

富士吉田口ならこのあたり。
http://www.fujiyama-navi.jp/search/spa/area/1/category/05050200

須走口ならここかな。
http://tokinosumika.com/tenkei/


▼キャンプ場でバーベキュー
http://www.fujigoko.tv/search.cgi?key=+%95x%8Em%8ER+%83L%83%83%83%93%83v%8F%EA&w=1

につけちゃんから富士登山→バーベキューってナイスな提案をいただいた。
スゲー楽しそうだよね、それ。


▼富士登山の持ち物
http://fuji.yamaiko.com/plan/tool.html
http://www001.upp.so-net.ne.jp/fujisan/fuji-j.html


大丈夫だよ、行けるよ。
こういうのは勢いも大事だって。

PR
PR

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール

HN:桶屋が儲かる

都内在住、30代バツイチ♂
多感な青春時代に
伊集院光を聞き育つ。

撃ち抜けないのは美女の心と物事の急所だけさ。
カウンター
ブログ内検索
ランキング
>

バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]