忍者ブログ
撃ち抜けないのは、美女の心と物事の急所だけさ。

ろじっくぱらだいすスピンオフイベント「漂流する6年4組からの脱出」
本日をもって無事、全公演が終了しましたー。

ご来場いただいた皆様、そして
残念ながらチケットが取れずに悔しい思いをした皆様、
チケットは取れてないけど別にいいかなと思っている皆様、
皆様まとめて、本当に、本当にありがとうございました!

という訳で、本日より公演内容のネタバレ解禁です。

自分もそれに便乗してレポート書こうかなんて思ってはみたものの、
よく考えたら謎解きの内容を何一つ知らないので、
せっかくなら公演の裏設定をひとつだけ書こうかなと。

謎解きの解説にかかるネタバレついてはご本家
そして謎好きブロガーの記事を検索くださいませ。

ただし、再々公演以降の予定がどうなるかは未定なので、
念のため読まれる際は自己責任でよろしくお願いします。

ではいきますー。


今回の公演の舞台となる「6年4組神田駅前分校」に入ると、
正面左手側、下駄箱近くに公衆電話がひとつだけ設置されています。

この電話、閉じ込められた教室から出ると突然鳴り出し、
電話口から女性の声で脱出のヒントをくれるのですが、
参加された方は疑問に思いませんでしたでしょうか?

この声の主は誰ぞや???

と。

スタッフの誰か、という意味ではありません。
それを言うなら謎ガールS氏ですけど、そういう意味じゃありません。

異世界に漂流した教室の中で、皆を助けるこの声。

この声の主ですが、公演中、謎解きの中では
ついぞその正体が何者なのか判明する場面は訪れませんでした。

この公演には謎解き関係者が多く参加されていたせいか
このS氏の声にさほど違和感を感じられていませんでしたが、
公演には謎関係者だけが来るわけじゃありません。

内輪ネタを嫌うワナタベさんがそんなことするはずもなく、
実は、ちゃんとこの公演内容に沿った裏設定があったんです。

この声の主、最期に気になることを言ってますよね。

「残り時間を伝えるから、受話器は外しておいて」

と。

でもよく思い出してみてください。
時間のアナウンスについては、ちゃんと受話器を取る前からありました。

ここまで来るのに平均20分程度ですから、
少なくとも「10分経過」の声は聞こえていたはず。

では、なぜ受話器を外す必要があったのか。

公演前(開場~開演)の写真と、
公演中(異世界)の写真と、
公演後(脱出成功~退場)の写真を
それぞれ見比べてみましょう。

公演前(現実世界)

公演中(異世界)

公演後(現実世界)

もうお分かりですよね?

公演前は、電話機の右側にいた招き猫が、
異世界に飛ばされた公演中にはいなくなっています。

そして、公演後、再び現実世界に戻ってきた
電話機の左側、受話器の傍には、再び招き猫が置いてあります。

これ、気が付いてました?
ちゃんと全ての公演で、裏でスタッフが地味に動いてます。

現実世界の受話器越しから
異世界に飛ばされた参加者に現実世界に戻るためのヒントを出し、
そして現実世界に戻ってきた参加者を何も言わずに、
しかしながらきっと喜んで迎えてくれていたこの招き猫。

これが、声の主の正体です。

この声の主が実は招き猫なんだという無駄すぎる情報を伝えるため、
言いかえれば、この招き猫を受話器の傍にこっそり設置するために、
参加者の方には受話器を外してもらってたんです。

ええ、謎解きには一切関係のない情報ですよ。
でも、これが世界観に対する愛ってもんです。

招き猫の彼女、現実世界ではただの招き猫の置物だけど、
異世界では皆さんの守り神として
ちゃんと見守ってくれていたんですね。

残念ながら参加したけれど彼女を見逃してしまった方、
もし今後どこかでこの公演があれば、
参加される方に彼女のことをこっそり教えてあげてください。

これからどこかでこの公演に参加しようと思っている方、
電話機の近くをほんの少しだけ注意深く観察してみてください。

ほら、惜しいことした or 公演が楽しみって思ったでしょ。

再々公演の予定は未定ですけど、
もしかしたらまた彼女に会えるかもしれませんね。

以上、「漂流する6年4組からの脱出」の裏設定でしたー!

PR
<< TVのチカラ   |  HOME  |   告白 >>
PR

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール

HN:桶屋が儲かる

都内在住、30代バツイチ♂
多感な青春時代に
伊集院光を聞き育つ。

撃ち抜けないのは美女の心と物事の急所だけさ。
カウンター
ブログ内検索
ランキング
>

バーコード

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]